蔵元 稲田本店

蔵元稲田本店とは?

紺屋町時代の酒蔵・版画(大正7年頃)江戸時代より続く鳥取県米子市にある老舗酒蔵です。地元山陰の地酒文化を守りながら延宝元年(1673年)より現代まで酒造りに精進して参りました。秀峰大山山麓の豊かな自然に囲まれて醸される蔵元の清酒は 『稲田姫』『トップ水雷』の銘柄があります。酒造りに適した風土の中、「いい水」と「いい米」があり、そして酒造りに情熱を傾ける蔵人がいる。これらすべて一体となり『稲田の酒』は生まれます。

昔の稲田本店(大正7年)
稲田本店は、1892年(明治25年)にドイツより技術を導入しビール工場を建設。(日本におけるビール製造開始は明治5年)また1931年(昭和6年)には、冷蔵庫が普及していなかったにも関わらず、全国に先駆け「冷やして飲む」ためのお酒を開発&発売(純米酒『トップ水雷』)。さらに1967年(昭和42年)には、全国に先駆けて精米歩合50%の純米酒を醸造。老舗ながら、チャレンジ精神が旺盛な蔵元といえます。(残念ながらビール工場は火事で全焼し、生産を断念しました。)

《心で醸す酒造り》

現在の蔵・稲田本店杜氏・信木真一は、先代杜氏・折坂薫の「お酒造りとは心が全てである」という想いを引継ぎ、蔵人一丸となって酒造りをしております。蔵元・稲田本店は 2011年(平成23年)現在で創業338年。さらに100年、200年と酒造りを続けるべく、今も挑戦を続けています。
稲田屋も蔵元と共に末永く皆様に愛されるお店造りを続けてまいります。

※稲田屋が生まれた背景

「自慢の日本酒を 東京で多くのお客様に直接飲んでいただきたい。」
「地元山陰の日本酒文化を守り、続けてきた蔵元をぜひ存続させたい。」
酒造りに従事していた長兄の想いに、東京在住の2人の弟が応える形で、平成9年12月、兄弟で株式会社稲田屋本店を設立しました。
兄弟が飲む時の〆はいつも《蕎麦》。こうして昼は蕎麦、夜は日本酒メインの稲田屋が誕生しました。「蕎麦と酒」の提供を通じて、健康をテーマに「日本酒文化の伝承と普及」を目指します。おかげさまで、日本橋店開店より15年を迎えることができました。

清酒 『稲田姫』、『トップ水雷』に込めた想い

日本神話《ヤマタノオロチ》と清酒『稲田姫』

ヤマタノオロチ伝説はるか昔の物語。出雲の国では「ヤマタノオロチ」が暴れ回り、毎年娘を生け贄として捧げていました。ある夏、大和から降り下った「スサノオノミコト」は、美しい娘(稲田姫)の両親から助けを請われます。そこで、強いお酒を八つ用意し、ヤマタノオロチが飲んで酔っ払っているすきに 次々と八つの頭を切り落とし、退治します。その後、スサノオノミコトは稲田姫を伴侶とし、二人の間には沢山の神が生まれ、その子孫はのちのちまで栄えました。

この神話に思いをはせ、永年・丁寧に醸したのが 清酒『稲田姫』です。
スサノオノミコトが稲田姫と夫婦となり新居を構えるときに詠んだ喜びの歌が、日本最古の和歌【八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣造る その八重垣を】二人の新居があったとされる、地元・島根県松江市の《八重垣神社》は、「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい」という出雲の古い民謡で謳われるほど、出雲の縁結びの大神として知られています。祝杯は『稲田姫』が おすすめです。

東郷元帥と清酒『トップ水雷』

『トップ水雷』昔のポスター11907年(明治40年)、のちの大正天皇の山陰行幸に随行した《東郷平八郎元帥》が蔵元へ立ち寄り、蔵のお酒に『水雷』と命名しました。【水雷一発 轟然ト響ク 一酌ノサケ陶然トシテ 酔ウ】と詠んだと資料が残っています。
そしてのちに、全国に先駆け《冷用酒》を開発・販売するにあたり、この『水雷』に「日本一」になるという想いを込め『トップ水雷』と改名しました。

『トップ水雷』昔のポスター昭和初期には数々のポスターを印刷、地元の方には稲田姫よりも知られるお酒となりました。いまでも「日本一美味しい酒」造りを心掛けています。

お酒の販売もしております

蔵元の公式ホームページより、ご購入いただくことが出来ます。
贈答用の包装、また記念のお酒なども ご相談承ります。

稲田本店