鳥取県産 大山豚

山陰の食材

「蔵元の地酒をご堪能いただくのに、地元の食材を使いたい」という想いから、地元在住の仕入れ担当者と、東京本部の仕入れ担当者とが、こまめに鳥取県・島根県各地に赴き、車で東から西へ、足を運ぶようにしています。
そしてアンテナショップ運営をするにあたり、岡山県へも足を運び、稲田屋店舗の方でも各種食材もお取扱いしております。生産者のみなさまが精根込めて作られた良いものを良い形でお届けする所存です。ぜひ郷土の産品をお召し上がり下さい。

鳥取県産 大山豚

秀峰大山(だいせん)の麓でのびのびと育てられた大山豚。
適度に脂がのっており、旨味もあります。

豚しゃぶ鍋イメージ

ばばちゃん

ばばちゃんの名の由来は、定かではありませんが、正面から見た顔がお婆さんのようだと、漁師たちが「ばばあ」と呼びはじめたからではと言われています。
学名は「タナカゲンゲ」。島根県以北の日本海水深300~500m付近に生息しており、ぷるんとした食感と白身魚のような味は絶品。かつてはその見た目から 滅多に市場に出回ることがなかったのですが、今では地元の名物として鍋などで食べられるようになりました。(11月~3月)

ばばちゃん

松葉蟹

山陰沖では本ズワイガニのことを松葉蟹と呼びます。
水深200m~300m付近の1~3℃泥底に生息し、甲羅は9~12cm前後、やや扁平であるオスのズワイカニのことを指します。身がぎっしりと詰まっているのが魅力的な、境港の特産品の一つです。(11月~3月)

松葉蟹

せこ蟹・親蟹(本ズワイ蟹のメス)

本ズワイ蟹(松葉蟹)の中でも、メスで卵を抱えているものを『せこ蟹』または『親蟹』といい、地元で親しまれています。
メスはオス(松葉蟹)と比較すると身が小さいのですが、ぎっしり詰まった身・味噌・卵が魅力で、味噌汁などに入れると出汁に旨みが出てとても美味しくなります。

親蟹

紅ズワイ蟹

鳥取県の境港は紅ズワイ蟹の水揚げ日本一。
紅ズワイ蟹は水深500m~2,500mの深海に生息しており
松葉蟹より少し身が小さく、甘みがあり瑞々しい味わいです。

紅ズワイ蟹

モサエビ(猛者海老)

鳥取県で「ドロエビ」とも呼ばれる『モサエビ』。その名の通りのイカツイ外見。色が茶色っぽく見た目の華やかさこそありませんが、その甘みは濃厚で ぷりぷりと弾力がある食感は、一度食べたらやみつきになります。東京では滅多に見られることのない、地元の隠れた名産品です。
(9月から5月にかけて水揚げされます。)

猛者海老(写真提供:岩美町)

岩もずく(ぼうずごろし)

《ぼうずごろし》とは、山陰産の岩もずくの通称。
「体に良いもずくを住人が食べて、坊主や医者の仕事がなくなってしまう」ということから、《坊主ごろし》《医者いらず》と呼ばれるようになったと言われています。
当店では鳥取県御来屋の荒田商店さんから仕入ています。
もずくといえば三陸や沖縄など あちこち特産品として知られていますが、御来屋のもずくは歯応えがあるのに絹のようにさらりとした喉越しで絶品です!!!

ぼうずごろし(岩もずく)

津田かぶ

島根県松江市近郊の農家で栽培される、色鮮やかな津田かぶ。葉もやわらかく、漬物にすると野沢菜に似て勝るとも劣らない味わいになります。稲田屋では毎年、伊原本店さんより11月中旬~浅漬け、12月中旬~本漬け(ぬか漬け)を仕入れています。

津田かぶ

境港 『本マグロ』

生マグロ水揚げ量・日本一を誇る、境港。
夏はマグロ、冬はカニが獲れることでも知られています。
旬の時期には、生本マグロを一本買いし、料理長自らの手で裁いたものをご提供いたします。

境港本マグロ

鳥取和牛 『大山黒牛』 『いなば万葉牛』『オレイン55』

鳥取県は牛の戸籍管理をはじめるなど 和牛改良の先駆者であり、じつは全国のブランド和牛の始祖となった《因伯牛》をうみだしました。和牛選定の目は全国的にも厳しく「鳥取県内で肥育された黒毛和種のうち、一頭一頭手間暇かけて育てられた高級な肉用牛」のみが《鳥取和牛》として市場に出ます。
稲田屋では中でも、頻繁にA-4、A-5ランクの評価をうける、西田佳樹さんの『大山黒牛』と、谷口拓也さんの『鳥取いなば万葉牛』、オレイン酸を豊富に含んだ『鳥取和牛オレイン55』を仕入れています。

鳥取和牛(西田さん家の大山黒牛)

御来屋『板わかめ』

はじめて見たお客様から「どうやって食べるの?」ともっとも質問を受けるのが、この山陰特産《板わかめ》。その名の通り、板状に広げて干されたパリパリわかめは、酒の肴に良し、ごはんのお供に良し、おやつに良し。稲田屋では軽く炙ってお出しします。
シンプルだからこそ、生産者ごとに違う味に仕上がります。稲田屋は鳥取県西部、大山町・御来屋(みくりや)の青木商店さんから仕入れています。

板わかめ(写真提供:岩美町)