4月の酒《新酒頒布会 》第2弾 “生原酒” 純米吟醸『強力』/特撰大吟醸『稲田姫』(数量限定)

3-5月にかけ、できたて・搾りたて、蔵出しの生原酒をお楽しみいただく
毎年恒例の新酒頒布(はんぷ)会。いよいよ第2弾がはじまります!

◆生原酒とは…
日本酒は通常、2度の火入れ(加熱殺菌)と割水(加水)をします。
この火入れを行わないのが「生酒」で、割水(加水)を行わないのが「原酒」。
いずれも行わないのが「生原酒」で、管理が難しい為・あまり市場に出回りません。

割水されない濃厚な状態を味わえる『生原酒』はアルコール度が高く、
無ろ過の状態で瓶詰めするので 荒々しさが残った“搾りたての味”と
フレッシュな香りを存分にお楽しみいただけます!
ぜひ蔵出し・搾りたての味わいをご堪能ください。
      

《4月のお酒》
・純米吟醸「強力」生原酒 搾りたて新酒
・特撰大吟醸「稲田姫」生原酒 搾りたて新酒
H29年 新酒頒布会4月 POP
※価格は店舗により異なります。(詳細はご利用店舗まで)
※数量限定のため、なくなり次第終了とさせていただきます。
※頒布会のお酒は お席にてスタッフが1杯ずつお注ぎします。
(写真はイメージです)
      

写真はイメージです。
◆ 純米吟醸「強力」生原酒 搾りたて新酒
幻の酒米と呼ばれる、鳥取県原産の酒造好適米「強力米」を使ったお酒は
適度な酸味とコクがあるのが魅力の一つ。
火入れ・加水した純米吟醸「強力」はキリット辛口の淡麗な味わいですが
搾りたて新酒・生原酒からは、お米の旨み・コクが十分に感じられます。
定番商品との飲み比べもおすすめです。
      

◆特撰大吟醸「稲田姫」生原酒 搾りたて新酒
果物を思わせる上品な吟醸香が魅力の特撰大吟醸「稲田姫」。
今年は平年に比べるとやや淡麗で、気品ある風味にに仕上がりました。
搾りたて新酒・生原酒ではその香りも鮮やかに感じられのでおすすめです。
      

      

《3月のお酒》※間もなく各店・販売終了いたします!
・純米酒「鳥系酒一〇五号」生原酒 搾りたて新酒
・純米吟醸「稲田姫」生原酒 搾りたて新酒

《5月のお酒》※上旬入荷予定
・純米大吟醸「鳥系酒一〇五号」生原酒 搾りたて新酒