塚越さんの酒蔵奮闘記 | 稲田屋

NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

塚越さんの酒蔵奮闘記

2012年02月29日

みなさんこんにちは。本部事務所のニイハラです。

稲田屋秋葉原店の塚越さんも
2月6日から、5日間の酒造り研修に行って戻りました。

「今回の研修を経ていつも扱っているお酒に対して
より大きな愛着を持つようになりました。」
と、笑顔で話す塚越さん。

研修中はどのように過ごしたのでしょうか?


▼ 楽しそうに洗米していますね!
洗米中の塚越さん

▼ 離れた所から撮影された様子です。
中腰&冷水を扱う作業がしばらく続きます

「中腰での作業をしばらくこなしていくうちに
だんだんと腰・両腕の筋肉がきしみ始めました」

低い姿勢のまま、片手で10kgずつのお米を
秒単位でとんでくる指示の声に従って洗います。
冷たい水で手の感覚も鈍くなっていったとか。

雪が降る寒い中、
暑い部屋での作業もあります。

▼ 35℃に管理された麹室(コウジムロ)での作業
種麹を入れもみあげている塚越さん

「膨大な量の米を、繰り返し何度もひっくり返すうちに
要領が悪いせいか、手の甲・指の節が擦りきれてしまいました!」
酒造りは、ハードな作業が続きますね。

それでも時間を長いと感じたり、辛いとは思いませんでした、と塚越さん。
蔵のみなさんが優しく丁寧に仕事を見守り、励ましてくれたから…とのこと。


▼ 雪とたわむれる塚越君。このあと…
雪とたわむれる塚越さん

この様子をあたたかく見守っていた蔵のみなさんから
雪玉をたくさん浴びせていただいたそうです(笑)
※その様子は蔵のホームページでご確認頂けます。


「今回の研修では、酒造りの工程だけではなく
蔵人のみなさんの“温かさ”も勉強させて頂いたような気がします。」

まずは稲田屋のスタッフへの接し方を見直すつもりだと話してくれた塚越さん。
笑顔で働くスタッフが増えるという事は
お客様の笑顔が増えるきっかけになるに違いありません。

秋葉原店の近くにお越しの際には
是非・塚越さんの活躍を確かめに、お立ち寄り下さい。

PELATED POST

関連する記事

東京都立園芸高等学校 食品科のみなさん

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年10月08日

東京都立園芸高等学校 産学連携授業

10月5日(火)、今年も東京都立園芸高等学校に総料理長の吉田とアトレ亀戸店料理長の大根田が食品科の総合実習に、講師としてお邪魔し、蕎麦打ちを

稲田屋日本橋店 テイクアウトの種類が増えています!

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年02月24日

日本橋店|テイクアウト、ぜひご利用ください!…終了しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。先週よりテイクアウトメニューが増えました!天丼・かつ丼の2アイテムだったとこ

四季と酒の蔵 稲田屋日本橋店、パーテーション追加設置しました

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年01月14日

日本橋店|パーテーション追加設置しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。副店長の木津です。本日は比較的過ごしやすいですね。皆様、いかがお過ごしでしょ