小川くんの蔵元研修奮闘記(1) | 稲田屋

NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

小川くんの蔵元研修奮闘記(1)

2013年01月28日

こんにちは、皆様はじめまして。
蕎麦と酒いなたやパレスビル店、店長の小川です。

私は 1/13~17 まで、鳥取県米子市にある
我が蔵『稲田本店』に酒造りの体験研修に行ってきました。

ほんの 5日間でしたが、
たくさんのことを学び、また感動もしました!

今日は少しずつ、そのお話をしていきたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++

1/13(日) 一日目
東京から午前中の飛行機に乗り、午後ようやく蔵に到着。
挨拶をして、すぐに午後からの作業に参加しました。

まずは 精米歩合55%、強力米の洗米作業でした。
(これで何のお酒か、ピンときた方は稲田屋ツウですね!)
…正解は、純米吟醸強力(ごうりき)「いなたひめ」です!

洗米とは、その名の通り「米を洗うこと」です。
でも、実は酒造りにはとても重要で、大切な工程なんです。

まず米を10kg ザルに取ります。
そして米が割れないようにやさしく洗います。
が、この時、吸水率をピッタリ30%にしなければならず
そのためには、秒単位での時間の調整が必要!という
かなりビックリなことを初めて知りました。

こんな感じでみんなで一斉に洗います!
みんなで一斉に洗米します!

もともと10kg の米を、洗い終わって
浸した水も含めて13kg になるように調整しました。
(そしてこれを180kg 分何度も繰り返しました!!!)

洗う時間、水に漬ける時間は、
その年の米の出来や、水温などによって変わるそうで、
とってもデリケートな、気をつかいつつの作業でした。

.
さて、休憩をはさんだら、
ウワサでは聞いていた、切り返しの作業に!

切り返しとは…
その日の朝 蒸して種麹を振り、ひとかたまりに
まとめておいた米を、手でパラパラになるようにほぐし、
なんと!34℃の蒸し暑い部屋でひたすら混ぜていくこと。
この作業によって、麹をまんべんなくいきわたらせます。

切り返しをする小川店長

しかし、新陳代謝がよくないと定評の私は、
皆さんが汗だくで作業されている中、一人涼しい顔…
ちょっと汗ばんだかな?くらいだったので、
これには皆さんビックリされていましたね(笑)。

.
夕食後、午後10時~もう一度ムロに入り、
麹箱の中のシートをはずし、
箱の中の温度が上がり過ぎないようにかきまぜて、
ようやく 一日の仕事が終了しました。

わからないなりに、
とにかく一生懸命身体を動かした一日でした。

よーし!明日も頑張って元気に行くゾ!

PELATED POST

関連する記事

東京都立園芸高等学校 食品科のみなさん

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年10月08日

東京都立園芸高等学校 産学連携授業

10月5日(火)、今年も東京都立園芸高等学校に総料理長の吉田とアトレ亀戸店料理長の大根田が食品科の総合実習に、講師としてお邪魔し、蕎麦打ちを

稲田屋日本橋店 テイクアウトの種類が増えています!

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年02月24日

日本橋店|テイクアウト、ぜひご利用ください!…終了しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。先週よりテイクアウトメニューが増えました!天丼・かつ丼の2アイテムだったとこ

四季と酒の蔵 稲田屋日本橋店、パーテーション追加設置しました

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年01月14日

日本橋店|パーテーション追加設置しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。副店長の木津です。本日は比較的過ごしやすいですね。皆様、いかがお過ごしでしょ