NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

ラッキーボーイと呼ばれた男。(3)

2013年10月23日

こんにちは、山﨑です。

ラッキーボーイ伝説の真相が
本日、最終回、いよいよ明らかになります!!
(最後まで読んでくださいね!)

**************************

漁船が戻ってきました!
第十六 龍幸丸・・・カッコいいですね♪
本物の海のオトコたち、帰還!

銀聖鮭が次々と仕分けされていきます。
これが、選ばれし銀聖鮭たちの集い・・・水槽です。
ザッバーン!水揚げされた銀聖鮭

というところまで昨日、お伝えしました。

**************************

.
ふむ・・・
総水揚の11トンのうち、1トン程度しかいない!
銀聖鮭がとても貴重なのは見ていてよくわかりました。

あれ?でも・・・当たり前だけど、
いくらってメスからしか取れないんですよね?

ってことは?さらにその半分しか?
えぇ!スーさん、いくらってそれしか取れないってこと!?

・・・つまり、稲田屋でお出ししている銀聖のいくらは、

11トンのたくさんの鮭
  ↓
選ばれし1トンの「銀聖鮭」
  ↓
そのうちのメス(だいたい5割?)からだけ取れるとして・・・

ざっと計算してみると・・・
4,400匹のうちの200匹からしか取れない、ってことですよ!
(220匹に1匹が 銀聖のメス=いくら、ってことですね)

「そりゃ、稲田屋のいくら、旨いワケだな・・・」
スーさんがポソっとつぶやきます、私も激しく同意します!!!!!

見ただけでも、なんかスゴい・・・
銀聖はその名前の通り、キラキラ光り輝いていました!
光輝いている銀聖!

.
「山﨑さん、山﨑さん!ちょっとこっち!」
スーさんが慌てて飛んできました、何事ですか?!

「で、でたんですよ!・・・でたっ!」
え?何が?・・・まだ昼間ですけど??

首をかしげながら駆けつけてみると、

えっ・・・これは、もしや・・・
幻の鮭と呼ばれる「鮭児(けいじ)」では!
けいじ、ケイジ、鮭児!

鮭児とは、本来は生まれてから数年で
日本付近に戻ってくるところを、何の間違いか?
若いうちに日本近海で捕まえられた子供の鮭のこと。
(正確には出身地が違う、とも言われていますが)

身は柔らかく脂がのっているのが特徴で、
大トロに例えられるほどの、濃厚で特別な味なんです。
(なんと、1匹10万円以上で取引されるそうですよ!)

この浦河港でも、今季の漁が始まってようやく
今日で2匹目に遭遇、という位 貴重な、まさに「幻の鮭」。

.
「アンタ、ラッキーボーイだね!」
漁師さんたちがぶっきらぼうに、でも笑顔で言ってくれました。

あ・・・はいっ!・・・やりました!
オトコ山﨑、いきなりラッキーボーイに認定です!

たぶん偶然ですが、なんかとっても嬉しい。
照れくさいので、小さくガッツポーズしました。

.
**************************

買い付けてきました「銀聖鮭のいくら」は、
加工が終わり次第、稲田屋に届く予定です。

いくら丼イメージ

ぜひぜひ、大粒でキラッキラのいくらを、
ご来店いただき目で、舌で、お楽しみください!




PELATED POST

関連する記事

稲田屋米子店×酒蔵 稲田本店コラボイベント第一弾『白いかと夏のお酒を愉しむ会』

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年08月14日

蔵元との共同イベントを開催しました|米子店

2019年8月8日(木)『白烏賊と夏のお酒を愉しむ会』を開催しました!!記念すべき第一回、料理説明は稲田屋主任・佐藤君(左)、お酒の説明は稲田本

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年06月07日

大津さんの蔵元奮闘記

鳥取県 米子市にある 蔵元「稲田本店」での酒造り体験、ラスト4人目は新宿西口店の大津さんです!以下、大津さんからの研修報告です。■新宿西口

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年06月06日

梨本さんの蔵元奮闘記

鳥取県 米子市にある 蔵元「稲田本店」での酒造り体験、3人目は新宿西口店の梨本料理長です!以下、梨本さんからの研修報告です!!■新宿西口店