畔上料理長の酒蔵研修奮闘記 | 稲田屋

NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

畔上料理長の酒蔵研修奮闘記

2014年01月29日

みなさんこんにちは。稲田屋事務所の新原です。
日本橋店の畔上料理長より、酒蔵研修レポートが届きました!
今回、新原が変わりにブログにアップさせていただきます!!

++++++++++++++++++++++++++

 酒蔵研修レポート
                         日本橋店 
                         畔上 弘紀

研修期間: 1月11日~15日(5日間)

初日、私の仕事は
トップ水雷の留麹米の洗米と強力の洗米でした。


最初は、見ながら説明を受けその後実際に洗米をやりましたが
見た目以上に重労働でした。
1ざる10キロを両手に、1ざるづつ持ちながらの作業は、非常に大変でしたが
水分量をしっかり量り浸漬の時間を変えたりするので
とても繊細な作業だと思いました。


その後、製麹室に入り切り替えしの作業をやりました。
畔上さん麹室にて

朝、蒸して麹を付着させたものを均一になるように塊になっている蒸米を
一粒一粒ほぐす作業でした。
製麹室内は、32度に設定されており とても蒸し暑かったです!


5日間を通じて 主に洗米と切り替えしの作業が多かったですが、
精米や粕はがしなどもやらせて頂きました。
畔上さん、酒粕はがし中 ・・・楽しそうですね♪(笑)

全体を通じて体力仕事や危険な作業が多かったですが、
お酒の知識や製造工程が良くわかり勉強になりました。
今後はみなさんにご提案できることが増やせるよう、
調理スタッフにも学んだことを伝えていこうと思います。


蔵のみなさんが、一つの仕事をするにも手取り足取り丁寧に教えて下さり
それがアルバイトのスタッフさんにも浸透していたのが、印象に残りました。

人員の少ない中・忙しい中、何かと面倒を見ていただいた
蔵の皆様に 心より感謝致します。
ありがとうございました。

畔上さん酒蔵研修レポート 

++++++++++++++++++++++++++

普段は照れ屋さんなのか、あまり多くを語らない 畔上料理長。
(…いつも私と話す時、聞き役に回ってくれているだけかも…?笑)
日本酒はもともとお好きのようで、数年前・蔵見学に行かれた時
満面の笑みで写真に写っていたこと、新原は覚えています★

「見るのとするのは、まったく違いますね。」

貴重な経験が出来たと 真面目な表情でお話してくださいました!
毎日のおすすめ料理、お酒との相性が増すのではないでしょうか♪

日本橋店近くにお越しの際は、カウンターにいる料理長に
ぜひお声かけ下さい! (照れ屋さんですが…笑)




PELATED POST

関連する記事

東京都立園芸高等学校 食品科のみなさん

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年10月08日

東京都立園芸高等学校 産学連携授業

10月5日(火)、今年も東京都立園芸高等学校に総料理長の吉田とアトレ亀戸店料理長の大根田が食品科の総合実習に、講師としてお邪魔し、蕎麦打ちを

稲田屋日本橋店 テイクアウトの種類が増えています!

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年02月24日

日本橋店|テイクアウト、ぜひご利用ください!…終了しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。先週よりテイクアウトメニューが増えました!天丼・かつ丼の2アイテムだったとこ

四季と酒の蔵 稲田屋日本橋店、パーテーション追加設置しました

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年01月14日

日本橋店|パーテーション追加設置しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。副店長の木津です。本日は比較的過ごしやすいですね。皆様、いかがお過ごしでしょ