NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

上田くんの酒蔵研修奮闘記

2014年02月04日

皆さま、こんにちは。
稲田屋事務所の田辺です。

先週UPの蔵元研修ブログ、
もう読んでいただけてますでしょうか?

さてさて…
日本橋店の畔上料理長に続きましては、
はなれ店の上田くんからレポートが届きましたよ♪



さらにオトコマエになって?
ひとまわり大きくなって戻ってきた上田くん。

どんなことを感じた研修だったのでしょうか?
早速読ませてもらいましょう・・・楽しみですね!

.
++++++++++++++++++++++++++

稲田本店 蔵元研修レポート
                         稲田屋はなれ店
                             上田和弘

研修期間: 1月11日~15日(5日間)

.
5日間の酒蔵研修期間で、今回は本醸造「いなたひめ」の
酒造りの一端に触れてきました。

主な一日の作業内容は以下の通りです。

5:30  起床
5:50  会所場集合
6:00~ 麹室→出麹・枯らし・切り返し・盛り。
7:00~ 朝食・休憩
8:00~ 引き込み・床もみ・もみ上げ・種麹
       (杜氏による綿密な温度管理)。その他作業。
10:00~ 会所場休憩
10:15  その他作業開始
12:00  昼食・休憩
13:30  午後作業開始
15:00  会所場休憩
15:30~ その他作業・切り返し
18:30  作業終了

日々の作業では、主に麹室で製麹に触れさせて頂きました。

麹は生きている!

麹菌という生き物との関わりの為、毎日が同じではない諸条件下
一定の品質の麹を作り出す事は容易ではなく、知識だけでなく、
体力も必要だと感じました。

その他の作業では、櫂入れ・検温、タンク清掃、瓶詰め、
自動圧濾圧搾機の清掃(酒粕取り)精米所での酒米切り替え、
わずかですが大吟醸の洗米等をさせて頂きました。

ギャ!壁がくずれた!←違います、酒粕はがし中♪

タンクのお掃除…ピースなんかしてちゃダメ!

各作業は、高所で行うものや機械を使うものもあり、
危険が伴う場面も少なくありませんでしたが、杜氏、
蔵人の方からの指導の下、安全に作業させて頂きました。

タンクの上、地上5m以上の高さ!

特に醪を扱うタンク付近では、タンク内落下による
危険性の理由(空気濃度の薄さ)をしっかりと教えて頂きました

落ちるな危険!

.
蔵人の方が精米所で床に落ちた精米前の1粒の玄米を拾い
「農家さんが作って下さったお米は1粒でも無駄には出来ませんから」
と言った言葉がとても印象的でした。

その精神は、蒸米作業の場面、製麹の場面、
酒造りの全ての場面で見受けられました。

会所場での時間は、作業を進めていく中での打ち合わせだけでなく、
コミュニケーションの場面でもあり、この時間に蔵人の方と沢山の
会話をすることが出来ました。

蔵人さんとゴハンタイム♪

.
今回の研修で、今まで本見ていたものや、先輩たちからの話でしか
聞いたことがなかった新しい世界を経験することが出来ました。
伝統的な製法が行われている一方で、機械化も取り入れられている
空間はとても新鮮なもので、その全ての工程は「美味しい酒造り」を
する為にという一点に向かっていることを感じる事が出来ました。

稲田屋へ来店して下さるお客様へ日本酒の伝えていけるよう
これからも日本酒の勉強を続け、今回の経験を今後の接客に大いに
活用していきたいと思います。

改めまして、今回このような機会を頂き、本当にありがとうございました。

.
++++++++++++++++++++++++++

上田くん、ありがとうございました。
人柄のあたたかさが伝わってくる、ステキな文章ですね。

ぜひぜひ、お店で今回の経験を
お客様はもちろん、周りのスタッフさんたちにも
たくさんお話してあげてくださいね!

そして皆さま、
ひとまわりもふたまわりも成長して帰ってきた
上田くんは「個室処稲田屋はなれ店」にいます!

ご来店いただいた際は、
彼から直接土産話を聞いてみてくださいね♪

PELATED POST

関連する記事

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月16日

学生の皆さん、卒業おめでとうございます!

こんにちは。事務所の橘です!本日、店長達から今年卒業される学生の皆さんに蔵元自慢の純米吟醸稲田姫 《オリジナルボトル》 が渡されました!1

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月05日

大根田さんの酒蔵研修奮闘記

皆さん、こんにちは!事務所 橘です。連載中の蔵元研修ブログ、最後はパレス店 料理長 大根田さんです。元蕎麦打ち職人の大根田さんらしい文章が

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年02月27日

茗花さんの酒蔵研修奮闘記 その2

《前回の続き》2日目には水汲みに同行しました。日本酒造りは米と水と言われているように、【稲田姫】で使われるお水も毎回片道40分かけて汲みに