NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

戸崎さん手作りの「ささまき」が届きます。

2014年06月09日

こんにちは、事務所の田辺です。

今日、米子の戸崎さんから
「ささまき送ったよ~」と連絡がありました。

事務所にはお子さんのいる
諸先輩方がたくさんいらっしゃいますので…
皆さんで食べてください、と送ってくださったそうです。
(もちろん、数日中には お店にも届くはずです)

一緒に、メッセージと写真も届いたので
皆さんに、特別に公開させていただきます。

さてさて…そもそも「ささまき」って
いったい、どんなもの? 見てみたいですよね??

***********************


こんにちは、米子の戸崎です。

こないだ ささまきを作ったので、
たくさん、東京のお店に送りました。

ジャーン!これが「ささまき」。
ささまきだんご

東京では、端午の節句に
「粽(ちまき)」ではなく、
「柏餅」を食べる、と聞いています。

こちらでは、6月のアタマに
月遅れの端午の節句ということで、
ささまき(だんご)を各家庭で作ります。

.
事務所の人に「ぜ~んぶ手作り」って言ったら
なかなか信じてもらえなかったので(悲しいです)
今回は写真つきで皆さんに見ていただこうと思います!


まずは、大山に笹の葉を採りに行きます。
今の時期、結構大きく育った葉があるんですよ。

そして、とってきたのがこちら!
とってきた笹の葉といぐさ

笹の葉と、右にあるのが
紐の代わりに使う「トウシン」です。
※灯芯草(トウシンソウ)=油で明りを採っていた頃に
 この花茎の髄を燈芯として使ったことに由来する。
 今でも 和ロウソクの芯の素材として用いられている。

一枚一枚、丁寧に洗って、
下ごしらえをして、準備完了です。

そして、粉からこねたお団子を
軸に刺して笹の葉で巻いていきます。
笹を巻きます

今回は本巻きという、正式な包み方。
一つのお餅に対して、笹の葉を5枚使います。

まきまき…
まきまきします

まきまきまき…
上はクルリとして、トウシンで止めます。
まきまき・・・

トウシンの花?ふぁしゃっとしてる
上の部分をちょこっと出るようにして
結ぶのがかんざしみたいでポイントです。

我ながら上手にできました。
見事な出来栄え!やるな、オレ。
上手でしょ!

真面目な話、この本巻きという方法、
巻くことの出来る人がどんどん減っているそうで。

こういう文化は大切に守っていきたいですよね。

これを、たっぷりなお湯で茹でて…
柔らかくなったらできあがり、です。
たっぷりのお湯でゆでます

東京には冷凍にして送りますね。

大きな鍋で湯がいてください。
お好みで、砂糖醤油やきなこをつけて。
(我が家の子供たちには、砂糖が一番人気です)

皆さんも、お店で見つけたら、
ぜひぜひ、この「ささまき」ご賞味ください。


PELATED POST

関連する記事

稲田屋日本橋店 テイクアウトの種類が増えています!

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年02月24日

日本橋店|テイクアウト、ぜひご利用ください!…終了しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。先週よりテイクアウトメニューが増えました!天丼・かつ丼の2アイテムだったとこ

四季と酒の蔵 稲田屋日本橋店、パーテーション追加設置しました

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年01月14日

日本橋店|パーテーション追加設置しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。副店長の木津です。本日は比較的過ごしやすいですね。皆様、いかがお過ごしでしょ

四季と酒の蔵 稲田屋日本橋店 元気に営業中!『四季蔵弁当』ご予約承ります!!

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年01月13日

日本橋店|三段重の四季蔵弁当のご紹介 《元気に営業中!》

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。副店長の木津です。日本橋店は、日本橋プラザビルの1階にあるのですが館内に展示