NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

こんにゃく作り@南部町

2015年02月02日

みなさんこんにちは!吉田です。
先週・鳥取県に向かい、
現地仕入担当の戸崎さんと県西部&東部をあちこち回って来ました!
(色々食材を見てきたので 乞うご期待。)


     
さて、今回は戸崎さんがイベントを用意してくれていて
『こんにゃく作り』を体験してきました!

お世話になったのは、前回・自然薯をいただいた
鳥取県南部町の足立さん、そしてご近所の『こんにゃく作り名人』。

地元農家さんたちは 各家庭でこんにゃくを手づくりされるそうですが
家庭によって味わいなどが違うそうですが、名人のこんにゃくは格別!とのことで
特別に駆けつけてくれました!

1)まず、こんにゃく芋を切って(下写真)から ゆがきます。
名人指導の元、こんにゃく芋カット
(名人指導の元、こんにゃく芋をカット)

2)ゆがいたら皮を向き・さらにカット。(下写真 右・吉田)
    カットしたら ミキサーにかけて(〃 中央・足立さん)
    水を加えて練る。(〃 左・名人)
ゆがいてカットする吉田と、ミキサーかける足立さん、練り始める名人
(こんにゃく芋、手が荒れる事があるそうです。私は大丈夫でした…♪)

3) 2に水を足しながら練る…水を足し練る…を繰り返す。
水を加えて…
(水を加えて…)
…練る!(練り方指導)
(練る。練り方指導中…)

4)炭酸カルシウム(粉)を入れて、練ります。

この粉が入った途端、重労働に変わります!
そしてこの後はスピード勝負です!!!

5)こんにゃくを成形し・ゆがきます。
こんにゃく成形

6)あとは、ゆがく⇒水に入れる⇒ゆがく⇒水に入れる…の繰り返しで 完成です!

最初は柔らかかったこんにゃくが
少しずつ固まりらしくなっていきます。

それにしても、お水をとにかく沢山使うんですね。
お水、もったいなくないですか?

「井戸水だから、大丈夫ですよ~!」

南部町の、ダムより上にある足立さんのお宅。
ダムから供給ではない、天然のおいしい水を
贅沢に使っていたのです!!

…完成したこんにゃくを 刺身にして味見。

なんとも絶品!さすがです、名人!!!
ありがとうございます!


     


     
今回、こんにゃく作りで、形にこだわってきました!
市販されているような四角型は味気ない(型に入れてゆがくそうです)
ので…

▼ 丸くしてみました!
丸!

手づくり感が満載!…だと思いませんか?


     
戸崎さん、足立さん、名人から
“丸くするのは大変だよ~” との声がありましたが
私、丸くしたいんです!

「自分で作ります!こんにゃく芋、送ってください!」

送っていただくよう、お願いしてきました!!!

…名人からの教えを忠実に守って
セントラルキッチンで、私・作ってみたいと思います!
成果があがったら、お店に納品しますね。


     
丸いこんにゃくが、いずれ稲田屋名物になる日が…?!
お楽しみに☆!

PELATED POST

関連する記事

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月16日

学生の皆さん、卒業おめでとうございます!

こんにちは。事務所の橘です!本日、店長達から今年卒業される学生の皆さんに蔵元自慢の純米吟醸稲田姫 《オリジナルボトル》 が渡されました!1

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月05日

大根田さんの酒蔵研修奮闘記

皆さん、こんにちは!事務所 橘です。連載中の蔵元研修ブログ、最後はパレス店 料理長 大根田さんです。元蕎麦打ち職人の大根田さんらしい文章が

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年02月27日

茗花さんの酒蔵研修奮闘記 その2

《前回の続き》2日目には水汲みに同行しました。日本酒造りは米と水と言われているように、【稲田姫】で使われるお水も毎回片道40分かけて汲みに