NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

山陰食材、仕入れ担当の戸崎さんにご挨拶させて頂きました。

2015年11月27日

こんにちは。
稲田屋事務所の寺田です。

山陰食材の仕入れ担当として実際に現地で生活をされる戸崎(とさき)さんが
都内の事務所にお越しになる機会がありお話をお伺いさせて頂きました。
お会いするのは初めてです。


山陰食材仕入れ部門 戸崎さん


DSC04247

ご挨拶させて頂いた際の印象はちょっとコワイ。。。
個人的な意見ですが料理の世界に携わる方々、目に迫力があります。

DSC04253

戸崎さんの印象はとにかくパワフル!
山陰食材や鳥取について話せばもう止まりません。
携帯の中には、畑の写真など山陰食材の育つ過程や環境がたくさん入っていました。

実際に現地で現場で、生産者の方の二人三脚で食材をお送り頂いている方ですので
言葉には重みがあります。
そして、それ以上に山陰食材を届ける喜びのような物を感じさせてくださいます。

DSC04255

お写真を見せて頂きながら食材についてのお話をお伺いしていたのですが、
戸崎さんにとってはまさに大切に育てた娘を嫁がせるような気持ちでしょうか。

山陰食材を育て送り出す苦労を生産者の方々と共にする戸崎さんは、
稲田屋の料理長への変わらない信頼と共に、届けた食材が稲田屋にお越しになられた
皆様にどの様に受け止められたのか気にかかって仕方がないといったご様子でした。


食材は時期もの


稲田屋は鳥取県にある蔵元が直営する和食居酒屋です。
蔵元が醸す日本酒「稲田姫」をより楽しんで頂くために、
「稲田姫」が生まれる山陰地方の食材のご提供にも力を入れています。

ただ、当たり前ながら野菜も魚も私達の都合に耳を傾けてくれるわけではありません。
山陰現地から食材を直送する事はそんなに簡単な事では無いようです。

稲田屋にお越し頂いた皆様に喜んで頂いた食材があっても
野菜であれば収穫出来るのは次のシーズンだったり、
海も山も畑も自然相手ですから収穫期はその都度です。

それでも鳥取県米子市で生まれる「稲田姫」と山陰食材を楽しみに足を運んでくださる
皆様に喜んで頂きたい一心で山陰食材のご提供を行っております。


旬の山陰食材


現在、稲田屋各店舗では戸崎さんと鳥取県大山町で農家を営まれる
大島さんが丹精込めて育てたもものすけをご提供しております。

食材は時期もの。
ご提供できる期間も限られておりますので稲田屋にお寄りの際、
「もものすけ」に出逢いましたらぜひ興味を持って頂ければ幸いです。

スクリーンショット 2015-11-27 16.15.38

事務所、寺田

PELATED POST

関連する記事

稲田屋米子店×酒蔵 稲田本店コラボイベント第一弾『白いかと夏のお酒を愉しむ会』

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年08月14日

蔵元との共同イベントを開催しました|米子店

2019年8月8日(木)『白烏賊と夏のお酒を愉しむ会』を開催しました!!記念すべき第一回、料理説明は稲田屋主任・佐藤君(左)、お酒の説明は稲田本

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年06月07日

大津さんの蔵元奮闘記

鳥取県 米子市にある 蔵元「稲田本店」での酒造り体験、ラスト4人目は新宿西口店の大津さんです!以下、大津さんからの研修報告です。■新宿西口

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年06月06日

梨本さんの蔵元奮闘記

鳥取県 米子市にある 蔵元「稲田本店」での酒造り体験、3人目は新宿西口店の梨本料理長です!以下、梨本さんからの研修報告です!!■新宿西口店