NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

境港産 獲りたて鮮魚のご紹介

2016年06月20日

こんにちは!
山陰食材の仕入れを担当しています、トサキです。

先日「美保湾(みほわん)」という
境港から出航して20分くらいの日本海で釣り上げてきた魚をご紹介いたします。

トサキさん

先ずは
お祝いの席に欠かせない「鯛(タイ)」。

天然のタイは養殖のモノに比べられて
身の締まりが良く食感もコリコリしています。
また、ご覧の通り虹色に輝いており見た目も鮮やかです。

鮮魚

そしてこちらは
「ホウボウ(3尾の赤い魚)」
「マゴチ(ホウボウの上の茶色い魚)」
「カサゴ(マゴチの隣の魚)」
「金ふく(一番右の黒い魚)」

どれも大きくて新鮮なものです。

今回は数量の関係上、 米子店に配送いたしました。

お造り、唐揚げなど料理長自慢の調理法で
お召し上がりいただけるとのことですよ!

蔵直送の美味しい地酒と一緒にぜひご堪能くださいね!

PELATED POST

関連する記事

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月16日

学生の皆さん、卒業おめでとうございます!

こんにちは。事務所の橘です!本日、店長達から今年卒業される学生の皆さんに蔵元自慢の純米吟醸稲田姫 《オリジナルボトル》 が渡されました!1

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月05日

大根田さんの酒蔵研修奮闘記

皆さん、こんにちは!事務所 橘です。連載中の蔵元研修ブログ、最後はパレス店 料理長 大根田さんです。元蕎麦打ち職人の大根田さんらしい文章が

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年02月27日

茗花さんの酒蔵研修奮闘記 その2

《前回の続き》2日目には水汲みに同行しました。日本酒造りは米と水と言われているように、【稲田姫】で使われるお水も毎回片道40分かけて汲みに