NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

米子店|山陰放送の取材がありました

2020年01月07日

みなさんこんにちは。稲田屋米子店の西村です。
今日は、山陰放送の方が『淀江がいな鰆』の取材に見えました。
 
 
淀江漁港の兄貴的存在、ベテラン漁師の元木さんから
11月末から仕入れている・通称 がいな鰆。

脂の乗りが良いサワラを、一本釣漁で釣り上げて、
活け締めによって高鮮度維持処理。
その中で厳選された《最高級》の寒鰆が、淀江がいな鰆です。
大きさだけではなく、味もがいにウマいです♪
(※がいに=とても、という意味の方言です)
 
 
ちなみに、漁師の元木さんには
可能な日には 店内で皆さんに直接・がいな鰆の魅力をお伝えいただいています。
淀江の海と魚について、お話しが聞けることもありますヨ。


 
ご用意したのは、がいな鰆のわら焼き(たたき)。
私の写真では上手く伝えられませんが、本当に美味しいです!

淀江がいな鰆のたたき(わら焼き) 950円
(入荷時は、税込 950円で販売します!)



山陰放送の比和谷アナウンサーは、明るい笑顔の方で
緊張する私をリラックスさせようとしてくださいました。

が、またしてもガチガチに固まってしまいました。
(カメラはあまり得意ではありません)
 
 
カメラマンさんと一緒に、一層美味しく魅せるように
がいな鰆の演出もしてくださいました。

稲田屋米子店|山陰放送の比和野アナウンサーに取材していただきました
 

レポートの方も美味しさが伝わる感じで、さすが!です。
今日はお世話になりました。ありがとうございました!
 
稲田屋米子店|山陰放送の比和野アナウンサーに取材していただきました!


取材後 ほっとしたところで、昨年スタートした《蔵とのコラボイベント》※についてお話ししたところ、
面白そうですね!と関心を示していただいたので
「よかったら宣伝にもなるので、バレンタインデーにまたいらしてください!」とお誘いしました。

いや、また緊張するであろう未来の自分のことを考えていませんでした。
佐藤君にお願いしようかしら?(笑)


※蔵とのコラボイベントについて
旬食材を使用した 料理人が手掛ける《こだわりの特別料理》に蔵人が自ら相性の良い《美味しい日本酒》を提案することで、料理と酒のマリアージュをご堪能いただく、酒蔵 稲田本店とのコラボレーションイベント。
◆次回は2月14日(金)19:00~開催予定、会費制(税込5,000円)でお一人様でも参加可能です。
(前回のイベントはこちら




今週中に放映予定とのこと。
いつになるか判ったら、またご報告します。



『淀江がいな鰆』は 今月いっぱい入手できそうです。

高級魚としての期待を裏切らない、おいしさ。
いずれ全国にその名前が轟く日が来るだろうと思います。

…まずは食通の皆さんに、お召し上がりいただきたい次第です。
お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください!

 

PELATED POST

関連する記事

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月16日

学生の皆さん、卒業おめでとうございます!

こんにちは。事務所の橘です!本日、店長達から今年卒業される学生の皆さんに蔵元自慢の純米吟醸稲田姫 《オリジナルボトル》 が渡されました!1

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月05日

大根田さんの酒蔵研修奮闘記

皆さん、こんにちは!事務所 橘です。連載中の蔵元研修ブログ、最後はパレス店 料理長 大根田さんです。元蕎麦打ち職人の大根田さんらしい文章が

酒蔵研修

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年02月27日

茗花さんの酒蔵研修奮闘記 その2

《前回の続き》2日目には水汲みに同行しました。日本酒造りは米と水と言われているように、【稲田姫】で使われるお水も毎回片道40分かけて汲みに