NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

大根田さんの酒蔵研修奮闘記

2020年03月05日

皆さん、こんにちは!
事務所 橘です。

連載中の蔵元研修ブログ、最後は
パレス店 料理長 大根田さんです。

元蕎麦打ち職人の大根田さんらしい
文章が印象的です。

それでは、写真と共にお楽しみください。
----------------------------------------

■パレスビル店 料理長 大根田
■研修期間【2月3日~8日】

2月3日 12:00
米子鬼太郎空港到着。
車で、15分ほどで、稲田本店に到着。
挨拶をして、いざ、初日の仕事。

まずは、洗い物。
でかいたらい。匂いがつくので、すべて、熱湯で洗い流す。
その後、麹室での作業。
切り返し。蕎麦の練りに似て、やれそう。



しかし、かなり蒸し暑い。
台も低く、腰にくる。
シャツもビショビショ。外は、寒い。
なんとか、初日、終了。
今日は、絞り立ての強力吟醸を頂き、店の物よりフレッシュな感じでした。
ご馳走様。

2日目、5:30 起床。
暖冬でも、朝は、寒い。
麹室の作業。
大吟醸の仕込み。
杜氏も、かなり気を使いながらの仕込みの様で、作業が、細かい。
室は、暑い。

朝食後、再び室。蒸した米に、麹菌を付ける。
空気が流れるため、じっと待つ。これがキツイ。
汗が止まらない。
そして、休憩。

酒蔵研修

午後から水汲み。
土地が砂地の為、井戸が掘れないらしい。
車で40分位の所に、大山の雪解けの水系。

蔵に戻り、切り返し。流れも分かってきて、
昨日よりスムーズ。しかし、暑い。

4日目 酒粕はがし。
板状の酒粕をへらで取る。
綺麗に取れる快感。



そして、最終日。洗米。
これは、パワーがいる。
洗うときは優しく、自ら出す時は、素早く。秒刻み。
10キロの米、水を含み更に重い。終了。





どの工程も、初めての事で、楽しいのですが、
重労働で本当に大変でした。
たかだか5日間でしたが、筋肉痛になっていました。

数年前に成瀬社長から、指名を受け、実現した研修は、
あっという間でした。

蔵では、杜氏の信木さんをはじめ山本さん、金山さん、食事などは、成瀬社長、築谷部長。
皆様の、おかげで貴重な体験ができました。

ありがとうございました。
美味しい料理と美味しいお酒を
お客様に提供できる様、頑張りたいと思います。



 

酒蔵研修

-------------------------------------

大根田さん、蔵研修お疲れ様でした!

パレスビル店は、蔵元のお酒は勿論、
風味・香り・甘み・透明感にこだわり、挽き方の異なる5種類のそば粉を配合した
看板料理《田舎蕎麦》が楽しめます。

是非、皆様のご来店を心よりお待ちしております!
=============================================
いなたや パレスビル店 電話:03-3287-1708
ご予約は《コチラ》から24時間受付中!
=============================================

PELATED POST

関連する記事

中海テレビ放送さんから取材がありました!

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年08月20日

米子店|中海テレビの取材がありました!

みなさんこんにちは。米子店の西村です。8月17日(月)、中海テレビ放送のみなさんが取材にいらしてくださいました!鳥取県内の飲食店を紹介するサ

稲田屋スタッフ奮闘記

2020年03月16日

学生の皆さん、卒業おめでとうございます!

こんにちは。事務所の橘です!本日、店長達から今年卒業される学生の皆さんに蔵元自慢の純米吟醸稲田姫 《オリジナルボトル》 が渡されました!1