今月の酒 純米吟醸『いなたひめ強力』ひやおろし | 稲田屋

NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

今月の酒 純米吟醸『いなたひめ強力』ひやおろし

2022年09月15日

秋上がりの美味しいお酒
純米吟醸『いなたひめ強力』ひやおろしが入荷します!

*****************************************************************

秋、日本で一番・美味しい日本酒の季節がやってきました。
厳寒期に醸造された日本酒が、ひと夏を越して美味しく熟成しました。

秋上がりのお酒の、風味とまろやかさを存分に楽しめるのが「ひやおろし」。
人気&いちおしのお酒、純米吟醸「いなたひめ強力」ひやおろしをご堪能ください。


【取扱店舗】
八重洲店/霞が関店稲田 コレド室町店大手町店パレスビル店(丸の内)
光が丘店アトレ亀戸店武蔵小金井店米子店(鳥取県)

ひやおろしPOPイメージ
※店舗により酒器、価格が異なります。(詳しくはスタッフにお尋ね下さい。)
  
 
【ひやおろしとは…】
日本酒は、通常・2度の火入れをして低温加熱殺菌を行います。
お酒の劣化を招く可能性がある菌(火落ち菌)を殺菌する目的と、
熟成を促進していく酵素の働きを止める目的があります。

ひやおろしの語源は「冷や(常温)」で「卸す(出荷する)」から来ており
貯蔵前の1度しか火入れせずに出荷されます。
これは、秋になると年間を通じて涼しい蔵内部の温度と、外気温が近くなる為
2度目の火入れは実施しなくても、出荷する事ができるようになります。

「ひやおろし」は「秋の生詰酒」とも言えるのですが
円熟した香りと風味が絶品ということから、江戸時代から愛されてきました。
古くから楽しまれてきた、秋の味覚の一つともいえます。

【強力とは…】
鳥取県が誇る酒造好適米「強力米(ごうりきまい)」を100%使用して造ったお酒です。
明治~大正時代に 鳥取県内外で作られていた強力米は
穂丈が高く 粒が大きいため 生産が難しい、などの理由から
昭和に入ると 次第に農家の間で作られなくなっていきました。

鳥取県の地酒を造る、という酒造家の情熱と、
鳥取大学農学部・木下教授、地元の篤農家の方々の協力を得られたことで
平成に入り、約40年の時を経て「強力米」が復活を遂げました。

以降、鳥取県の酒蔵・農家・大学・酒販店などの有志で
「強力をはぐくむ会」を立ち上げ、種苗やブランドを保護し
強力の栽培から酒造りまでを行っています。


粒が大きいのは育てにくい反面・高精米に向いており、
吟醸酒造りに適しているともいえます。
幻の酒米と呼ばれる強力米で醸したお酒の味わいは爽やかで、
喉越しが良く、香りも芳醇。

稲田本店でも、強力を使った吟醸酒は人気があり、
長く愛されてきた『稲田姫』『トップ水雷』といった歴史あるお酒を抜いて、
今では 純米吟醸『いなたひめ強力』が不動の一番人気となりました。
なかでも、円熟した秋のひやおろしはオススメです◎!!



期間&数量限定の秋上がりのお酒。
お近くの稲田屋で、ぜひご堪能ください。
 

【取扱店舗】
八重洲店/霞が関店稲田 コレド室町店大手町店パレスビル店(丸の内)
光が丘店アトレ亀戸店武蔵小金井店米子店(鳥取県)

※店舗により酒器、価格が異なります。(詳しくはスタッフにお尋ね下さい。)

PELATED POST

関連する記事

食材

2024年04月04日

鳥取県倉吉のスミさんから白ネギが届きました~♫

倉吉のスミさんから、たくさん白ネギが届きました!鳥取と言えば白ネギ。白ネギと言えば…鳥取。というくらいの、西日本では大きい産地の一つな

蕎麦処 いなたや アトレ亀戸店「春あさりとばら海苔のお蕎麦」はじめました

お店より

2024年04月09日

亀戸店|季節の蕎麦「春あさりとばら海苔のおそば」はじめました!

お待たせしました!春の蕎麦は、風味をしっかりご堪能いただけるおそばが登場◎旬のあさりの旨味がたっぷり染み出したコクのあるお出汁とお出汁

蕎麦処 いなたや 武蔵小金井店 4月の蕎麦「桜えびと新玉葱のかき揚げ蕎麦」ほかはじめました!

お店より

2024年04月01日

武蔵小金井店|季節の蕎麦「桜えびと新玉葱のかき揚げ蕎麦」「白胡麻坦々そば」はじめました!

早いもので、もう4月。北日本ではまだ桜が見られることから「花残月」というそうです。桜の花はすぐに散ってしまうけれど、心の中の桜はいつで