NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

5月の酒《新酒頒布会 》 第3弾 “生原酒”純米大吟醸『鳥系酒一〇五号』(数量限定)

2017年05月08日

3-5月にかけ、できたて・搾りたて、蔵出しの生原酒をお楽しみいただく
毎年恒例の新酒頒布(はんぷ)会。いよいよ最終・第3弾がはじまります!

今年は鳥取県産の新しい酒米を使ったお酒が、わが家の蔵よりデビューしています!
その名も『鳥系酒一〇五号(トリケイ サケ イチマル ゴ ゴウ)』(仮名)
鳥系酒一〇五号を使った《生原酒》が飲めるのは 稲田屋だけ!!!
5月は純米大吟醸の登場です!
      


◆生原酒とは…
日本酒は通常、2度の火入れ(加熱殺菌)と割水(加水)をします。
この火入れを行わないのが「生酒」で、割水(加水)を行わないのが「原酒」。
いずれも行わないのが「生原酒」で、管理が難しい為・あまり市場に出回りません。

割水されない濃厚な状態を味わえる『生原酒』はアルコール度が高く、
無ろ過の状態で瓶詰めするので 荒々しさが残った“搾りたての味”と
フレッシュな香りを存分にお楽しみいただけます!
ぜひ蔵出し・搾りたての味わいをご堪能ください。
      


《5月のお酒》
・純米大吟醸「鳥系酒一〇五号」生原酒 搾りたて新酒
H29年 新酒頒布会5月 POP
※価格は店舗により異なります。(詳細はご利用店舗まで)
※数量限定のため、なくなり次第終了とさせていただきます。
※頒布会のお酒は お席にてスタッフが1杯ずつお注ぎします。

写真はイメージです。
(写真はイメージです)
      


◆ 酒米『鳥系酒一〇五号』について
鳥取県農業試験場で育種中の・鳥取県が誇る酒米『強力米』の突然変異種。
精米しても割れにくく、大吟醸向きの酒米として期待されています。

鳥取県産業技術センターで試験醸造されていたのですが
ここ2年間の試験醸造で製成酒の評価が良く、蔵元『稲田本店』が実証試験醸造。
『鳥系酒一〇五号』だけの新酒は 新酒頒布会での先行販売です。
      


◆ 純米大吟醸『鳥系酒一〇五号』について
穏やかな香りで、常温で飲んでもお楽しみいただける上品な味わいです。
じっくり時間をかけて…温度帯による味わいの変化もお楽しみください。

また 強力米のルーツを持つ酒米・鳥系酒一〇五号を使用しているのですが
『強力』の純米大吟醸と比較すると酸が少なく
よりスッキリとしたきれいな酒質に仕上がりました。
原酒との比較ですが、純米大吟醸酒の飲み比べもお楽しみください。
      


      


《3月のお酒》 ※販売終了しました。
・純米酒「鳥系酒一〇五号」生原酒 搾りたて新酒
・純米吟醸「稲田姫」生原酒 搾りたて新酒

《4月のお酒》 ※間もなく各店・販売終了します。
・純米吟醸「強力」生原酒 搾りたて新酒
・特撰大吟醸「稲田姫」生原酒 搾りたて新酒

PELATED POST

関連する記事

大辛口本醸造「伯耆の稲魂」燗酒イメージ

今月の酒

2019年11月03日

今月の酒、入荷しました。

大辛口本醸造「 伯耆 ( ほうき ) の 稲魂 ( いなだま ) 」燗酒11月の酒は、寒い日にぴったりの燗酒です。蔵元 稲田本店で“もっとも辛口”の日

今月の酒 純米吟醸「いなたひめ強力」ひやおろし、入荷しました。

今月の酒

2019年09月01日

今月の酒、入荷しました

純米吟醸「いなたひめ 強力 ( ごうりき ) 」ひやおろし 秋上がりのお酒、入荷しました!        春先に搾ったお酒を1度だけ火入れ(加

今月の酒「日本酒カクテル」イメージ

今月の酒

2019年06月06日

今月の酒、入荷しました

【6、7月の酒】日本酒カクテル爽快な喉越しがお楽しみいただける日本酒カクテルを2種類、ご用意いたしました!暑い日、じめじめした日にもオスス