米子「新酒まつり」ツアー開催しました!《その3》 | 稲田屋

NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

米子「新酒まつり」ツアー開催しました!《その3》

2012年04月19日

こんにちは、事務所 田辺です。
まだまだ続く 米子「新酒まつり」ツアー、続きからスタートです。


~続いて「足立美術館」へ向かいました。

足立美術館とは…
地元 島根県安来市出身の実業家 足立全康さんが昭和45年に開館した美術館。
横山大観の作品だけでも100点以上もあり、
その他に 竹内栖鳳など近代日本画壇を代表する巨匠の作品や、
かの有名な北大路魯山人の陶芸など、作品の種類は多岐にわたるそうです。

ゆっくりしていると1日では見て回れないくらいの作品量…
と聞いていたので、集合時間まで一時間ちょっと という制限のある中で
どれくらいのペースで回ったらよいのかわからないままでスタートしました。

とりあえず入口に到着~。
足立美術館の入口

最初に迎えてくださったのは足立全康さん。
指を指して案内してくれてるようです。
創設者 足立全康さんの像

お庭について、学芸員さんから特別に説明がありました。
皆さん、感嘆の声をあげながら見ていました。
足立美術館にて説明を聞く一行

6つに分かれた面積5万坪の庭園は
「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など
それぞれ違う趣があって、声も出ないくらい感動しました。

足立美術館は休館日がないそうで そのため毎朝早くから、
専属の庭師や美術館スタッフの方々が、手入れや清掃をしているんだそうです。

本当に枯葉やゴミ一つ落ちていなくて、
美術館に関わる方々の並々ならぬ気合いと愛情を感じました。

日本庭園の技法の一つ「借景」
(遠くの山や木も風景の一部として造りあげる方法)
※後ろの色が少し違うところは遠くの山並みなんです
足立美術館の庭園(1)

池に映り込む木々まで計算されているんでしょうね。
足立美術館の庭園(2)

ここには映っていませんが 遠くに人口の滝を作り、
その滝からこの池に水が流れ込んでいるように見せています。
見る側の感性・センスも問われている気がして、身が引き締まりました。
足立美術館の庭園(3)


たっぷり芸術にひたった後は、
お待ちかねの♪…おっと、
その前にバスで米子市内まで戻ります~。

PELATED POST

関連する記事

東京都立園芸高等学校 食品科のみなさん

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年10月08日

東京都立園芸高等学校 産学連携授業

10月5日(火)、今年も東京都立園芸高等学校に総料理長の吉田とアトレ亀戸店料理長の大根田が食品科の総合実習に、講師としてお邪魔し、蕎麦打ちを

稲田屋日本橋店 テイクアウトの種類が増えています!

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年02月24日

日本橋店|テイクアウト、ぜひご利用ください!…終了しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。先週よりテイクアウトメニューが増えました!天丼・かつ丼の2アイテムだったとこ

四季と酒の蔵 稲田屋日本橋店、パーテーション追加設置しました

稲田屋スタッフ奮闘記

2021年01月14日

日本橋店|パーテーション追加設置しました

いつも稲田屋日本橋店をご利用いただきありがとうございます。副店長の木津です。本日は比較的過ごしやすいですね。皆様、いかがお過ごしでしょ