NEWS

お知らせメインビジュアル

お知らせ

11/10(土) 稲田屋の『 利き酒会』開催しました!!(3)

2012年11月14日

こんにちは、事務所 田辺です。

会もいよいよ佳境に…
早速 昨日の続きから参りましょう!

*******************************

さて…

ほろ酔い気分になってきた方も
チラホラいらっしゃる時間帯になりました…

皆さん、自然と笑顔になってきて…
お隣の方や、利き酒師を捕まえて話に花が咲いている様子(笑)。

お酒とお料理の相性をチェック!

自然と見ている田辺もニコニコしてしまいます~。
皆さん、最後まで思いっきり楽しんでいってくださいね!

.
利き酒大会の後は、
揚げ物と本醸造大辛口「伯耆の稲魂」が出てきました。

牡蠣の変わり揚げは
アーモンドをまぶした衣と、牛肉を巻いたものの2種類。

牡蠣の変わり揚げ

キリッと辛口のお酒によく合います。

伯耆の稲魂ラベル

伯耆(ほうき)とは…
蔵元がある地域のむかしの国名のことで、
稲魂(いなだま)とは雷のことを指しています。

昔の人々は “雷が稲穂に魂を込め、稲穂が実る” と
信じていたことから 蔵元稲田本店のお酒の中で最も辛口で
キレがある味わいを“雷”にたとえたのが名前の由来なんだそうです。

なるほど…
雷が "魂を込める" イメージ、なんとなくわかる気がします。
自然を崇拝する心、今も忘れないようにしたいですよね。

.
続いて、鳥取ハーブしおさい鶏の三五八漬
と純米吟醸稲田姫の「生原酒」が登場しました。

三五八漬

三五八漬とは…
東北地方で古くから作られる甘酒に
塩を加えた漬け床のことで、塩、麹、米をそれぞれ
容量で3:5:8の割合いで使うことから名付けられたそうです。

ほんのり甘味もあり、
みなさん「おいしい~!」と感激されていらっしゃいました。

合わせるお酒は、三五八の香りを さらに引き立てる 生原酒。

いなたひめ紺(JPEG)

原酒とは “割り水 ”をしていないお酒のこと、だそうです。
(通常のお酒は、香りと味の調整を
水を加えることにより行っているんですね。)
つまり、ちょっとアルコール度数も高めということですね。

さらに "生" がつくということは、火入れをしていないお酒。
つまり「桶から汲んだばかりのお酒」と言ってもよいのでしょうか。

ふむふむ…
だいぶお酒に詳しくなってきましたゾ!(笑)

.
あ…そろそろ
大ジャンケン大会が始まるみたいですよ~!


~つづく~





PELATED POST

関連する記事

稲田屋米子店×酒蔵 稲田本店コラボイベント第一弾『白いかと夏のお酒を愉しむ会』

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年08月14日

蔵元との共同イベントを開催しました|米子店

2019年8月8日(木)『白烏賊と夏のお酒を愉しむ会』を開催しました!!記念すべき第一回、料理説明は稲田屋主任・佐藤君(左)、お酒の説明は稲田本

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年06月07日

大津さんの蔵元奮闘記

鳥取県 米子市にある 蔵元「稲田本店」での酒造り体験、ラスト4人目は新宿西口店の大津さんです!以下、大津さんからの研修報告です。■新宿西口

稲田屋スタッフ奮闘記

2019年06月06日

梨本さんの蔵元奮闘記

鳥取県 米子市にある 蔵元「稲田本店」での酒造り体験、3人目は新宿西口店の梨本料理長です!以下、梨本さんからの研修報告です!!■新宿西口店